I'M TOBOCCHO

i do not have the power.

but i can feel you.

i can see you.

トボッチョくんTシャツ発売中

 

このトボッチョという生き物が生まれるまでのお話を少し。

 

トボッチョという生き物は、見て見ぬ振りをしてはいけない所にいてもらうために生まれてきた生き物です。

毎日毎日、嫌なニュースが流れていきます。
 

ボクは人と関わるのも嫌いだし、そもそも人間が好きではありません。

嫌なものが自分の中にもたくさんあり、日々またそれが生まれていくからです。

 

移民や難民を排除しようとする人々は、遠い昔は自分も移民であったことを理解し、難民になった時のことを想像するべきなのではないか。

 

テロリストとは、誰にとっての言葉なのか。テロを予防するためにしたことで、新たなテロを生んでいるのではないか。

 

軍事費やオリンピックに多額のお金と人材をかけるより足りないところに分配すれば、何かが変わるのではないか。

 

海や海岸に武力を置くのではなく、生きるために必要な物資が置いてあれば何が起こるのか。

 

テロを力で防ぐことを考えるのではなくテロを起こす必要のない世界に変えて行くことを考えるべきなのではないか。

 

軍事力や経済力、技術力の向上に躍起になるのではなく、他者を思いやる想像力を養うべきなのではないだろうか。

 

トボッチョという生き物は、このような想いから生まれて来た生き物です。

大人の世界を知らず、夢物語だと笑われながらボクの頭の中からなんとか生まれて来た生き物です。

 

ボクの描く絵や、想いには、流れを変えて行く力はありません。

それでも芸術家というものが存在する役割を理解し少しずつ、世界の平和に貢献出来ればと考えております。

 

スリーマスト京都の職人さんたちが丁寧に仕上げてくださったシルクスクリーン8版Tシャツ。

 

トボッチョくんTシャツを、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

おぎ坊